【北朝鮮】1-2発のICBMを製造しているもよう 米紙報道

[ワシントン 30日 ロイター] - 米紙ワシントン・ポストは30日、北朝鮮が新たな大陸間弾道ミサイルICBM)を1発もしくは2発、製造しているもようだと伝えた。

同紙が情報機関に近い複数の当局者の話として伝えたところでは、米国の情報機関は、平壌郊外の山陰洞(サンウムドン)にある大規模な研究施設で、液体燃料を使用したICBMを製造している兆候を確認した。

この施設は北朝鮮が米国を射程に収める最初のミサイルを製造した場所とされる。

2018年7月31日 / 09:11
ロイター
https://jp.reuters.com/article/northkorea-usa-missiles-idJPKBN1KL009

【調査】働く主婦が利用したいサービス1位は家事代行…具体的には「保育園で使う縫い物の代行」など

2018.7.31
https://news.careerconnection.jp/?p=57400

しゅふJOB総研は7月26日、「働く主婦が利用・提供したいサービス」に関する調査結果を発表した。調査は今年5月~6月に実施し、同社が運営する求職サイト「しゅふJOBパート」の登録者999人から回答を得た。

「子育てと仕事の両立のために金銭負担を考慮せずに利用してみたいサービス」を聞くと、1位「家事代行」(55.8%)、2位「民間学童保育」(37.5%)、3位「塾等への送迎サービス」(36.9%)だった。4位以降、「病児保育施設」(30.4%)、「ベビーシッター」(25.9%)、「認可外の保育施設」(23.3%)と続く。

使いたい具体的なサービス内容を聞くと、「食材宅配サービス」、「ペットの散歩」のほか、
「洗濯ものを洗濯して乾燥して分けて畳んで宅配してくれる」(40代:パート/アルバイト)
「保育園で利用する縫い物の代行」(50代:派遣社員
「特に受験期の塾や学校の宿題の学習サポート」(50代:パート/アルバイト)
などの声が寄せられた。かゆいところに手が届くサービスの需要があるようだ。

■ 一方、経験を活かして提供したいサービスは「特になし」「他人の子の世話する気はない」

「家事や子育て経験を活かせたらサービスを提供する側として従事したい仕事」も聞いたが、1位は「特になし」(33.7%)だった。2位は「塾等への送迎」(27.6%)。3位が「施設での学童保育」(26.9%)で、次いで、「施設での保育」(24.8%)、「家事代行」(18.7%)、「ベビーシッター」(17.5%)、「施設での病児保育」(7.1%)などが挙がった。

「他人の子供の世話をする気は無い」(50代:パート/アルバイト)という声のように、子育て経験を他の誰かのために活用するつもりのない人もいたが、なにかしてみたいという人も少なくない。寄せられたコメントには、

「英語の読み聞かせをするなど特別な教育サービスがつくベビーシッターをしたい」(50代:パート/アルバイト)
「中学受験などの相談相手」(50代:派遣社員

と、学習面でのサポートを希望する人が多かった。

調査を実施したしゅふJOB総研の川上敬太郎さんは、「仕事と子育てを両立させる上で、すべてを自力でやりきろうとしすぎず、外部協力を仰ぐこともまた知恵の一つ」だと指摘。その上で、
「サービスを利用したいと考える人の割合の方が、サービスを提供したいと考える人の割合よりも多い結果となった。サービスを利用し実際にその便利さを体験した人が増えていくと、それにあわせて徐々にサービスを提供する側として携わりたいという意識も高まっていく可能性がある」
とコメントしている。

【鹿児島県阿久根市】魚を運ぶトロ箱、ギターに変身 ふるさと納税の返礼品に

2018年7月31日8時15分
https://www.asahi.com/sp/articles/ASL7R4QNGL7RTLTB00L.html?iref=sp_new_news_list_n
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180723004552_comm.jpg
「トロ箱ギター」を手に、作り方などを説明する制作者のスティーブン・フォークさん=2018年7月23日、鹿児島県阿久根市

 魚を入れて運ぶ木製のトロ箱が、3弦スライドギターに生まれ変わった。鹿児島県阿久根市の米国人が作り、23日から市のふるさと納税の返礼品になった。
 妻の故郷に移り住んだスティーブン・フォークさん(54)が鮮魚店でトロ箱を見つけ、葉巻たばこの箱を使った母国のギターを思い起こしたのがきっかけ。
 「漁業の盛んな町にふさわしいギター。役に立てるのは光栄」。制作期間は2週間から1カ月。すべて一点物で、デザインはおまかせになるという。

https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180723004571_comm.jpg
制作者のスティーブン・フォークさんと、ふるさと納税の返礼品に選ばれた手製のクラシックギター(手前)とトロ箱ギター
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180723004541_comm.jpg
書かれていた文字が残る「トロ箱ギター」

【ゆっくり速報】台風12号、ゆっくりと種子島沖を北東へ移動中。九州南部と四国は非常に激しい雨に注意。今後も複雑な動きに警戒

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180731/k10011557031000.html

九州の南の海上にある台風12号は、31日も同じような海域をゆっくりと動く見込みで、台風に近い九州南部や
四国の太平洋側を中心に、局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあります。気象庁は、土砂災害や
低い土地の浸水などに十分注意するとともに、台風が複雑な動きをすると予想されることから、
最新の情報を確認するよう呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、台風12号は、午前9時には鹿児島県の種子島の南南東130キロの海上
1時間に20キロの速さで北東へ進んでいます。

中心の気圧は994ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心の東側
220キロ以内と西側110キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

台風はこのあと、やや発達しながら鹿児島県の種子島屋久島付近をゆっくりと反時計回りに動き、
進路を北寄りに変える見込みです。

台風に近い九州南部や四国の太平洋側では、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むため、
来月1日にかけて局地的に雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る見込みです。

1日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで九州南部で200ミリ、鹿児島県の奄美地方で
180ミリ、九州北部と四国で150ミリと予想されています。

九州南部と奄美地方ではその後も雨が降り続き、1日の朝から2日の朝にかけての24時間の雨の量は、
100ミリから150ミリと予想されています。台風の動きが遅いため、九州や四国では影響が長時間続くおそれがあります。

また、九州南部と奄美地方の海上を中心に非常に強い風が吹く見込みで、九州南部と奄美地方では1日にかけての
最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルと予想され、海上の波の高さは5メートルと、しける見込みです。

気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、強風、高波などに十分注意するとともに、
台風が複雑な動きをすると予想されることから、最新の情報を確認するよう呼びかけています。

【猛暑】エアコン3時間自動切断に苦情 レオパレス、猛暑で対応策 7月の問い合わせ千件超「命に関わる」

賃貸アパート大手レオパレス21(東京)が、物件に地球温暖化対策として導入していた3時間で自動停止するエアコンに対し、猛暑のため苦情が急増していることが31日分かった。同社は機器の交換や設定変更の対応に乗り出した。

同社によると、同種のエアコンは平成14年1月~27年3月に建築した計約39万戸に設置。これまでに約6万4千戸で作業を終えた。記録的な猛暑となった今年は、エアコンをめぐる入居者からの問い合わせは今年6月に130件、7月は29日までに1165件と例年を上回るペースで急増。「熱中症になりかねない」「命に関わる」などの声が寄せられた。

同社は「すでにやめており、今後は設置しない」と説明している。

(続きはソースでお読みください)

産経ニュース
https://www.sankei.com/affairs/news/180731/afr1807310003-n1.html

【イギリス】英外相、英中貿易協議中に「私の妻は日本人で…」と言ってしまい慌てて訂正

43分前
Share this with Facebook Share this with WhatsApp Share this with Line 共有する
7月上旬に着任したばかりのジェレミー・ハント英外相は、ブレグジット(英国の欧州連合離脱)後の英中貿易を協議するため北京訪問中に「自分の妻は日本人で」と言ってしまい、慌てて訂正した。
ハント夫人は中国人だからだ。
ハント氏は1990年代後半に2年間、日本で英語を教えていたことがあり、日本語を話す。

https://www.bbc.com/japanese/video-45015113

リンクさきにどうが

【鹿児島】三反園知事、女性添乗員を怒鳴る ブラジル訪問中の懇談会 「あるまじき行為」県議らは非難

鹿児島県の三反園訓(みたぞのさとし)知事が今月、訪問先のブラジルで開かれた県人会の夕食懇談会場で、同県訪問団の世話役を務める
旅行会社の女性社員を名指しして怒鳴りつけていたことが30日、西日本新聞の取材で分かった。県議らは「一般の人に対して公衆の面前であるまじき行為」
と非難している。

 知事はブラジル鹿児島県人会の記念式典出席などで20~23日、県議や商工、大学関係者ら十数人とサンパウロを訪問。女性は添乗員として
同行していた。

 複数の関係者によると、22日の県人会幹部主催の懇談会で、県議長が締めくくりのあいさつをしている最中、席を外していて戻った知事が突然、
女性を呼び捨てにして「誰が会を閉じていいといった」などと大きな声で叱責(しっせき)。議長のあいさつが止まり、女性はうつむいていたという。
出席者によると、知事は会場でワインなどを飲んでいた。

 知事は翌日、議長に「お騒がせした」と頭を下げたが、女性への謝罪はないという。

 県議の一人は「県政トップの言動とは思えない」と話した。西日本新聞は30日、この件で取材を求めたが知事は応じなかった。

=2018/07/31付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞社

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00010000-nishinpc-soci
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180731-00010000-nishinpc-000-8-view.jpg